SMTPポート25

名前が言うように、動的配布リストは、グループ内のユーザーのリストを動的に維持するグループです。 毎回静的リストを維持するのは難しいです。 ユーザーを追加および削除するには、静的リストを手動で管理する必要があります。 リストが小さい場合は簡単に管理でき、グループが非常に大きく、問題が大きい場合

動的配布リストは、Exchange管理コンソールまたはExchange管理シェルを使用して 動的配布リストは、フィルタ条件を使用してユーザーを管理します。 デフォルトのフィルタ条件は、州、部門、会社、および1から15のような他のカスタム属性のような限られたフィルタオプションを提供します。 図1にも同じことが示されています。

clip_image002

図1. グループ

にメンバーをフィルタリングするための条件オプションのリストこのオプションを使用すると、動的DLを構築することができ、これらのオプ

たとえば、特定のメールボックスサーバーに属するユーザーのリストを使用して動的DLを構築する必要があります。 要件オプションは、ビジネスによって異なります。 ここで私はちょうど一つの例を取り、概念を説明しようとしています。

ダイナミックDLは、Active directory内のすべてのフィルタを保存します。 広告属性msExchQueryFilter、msExchDynamicDLFilterにはすべてのフィルタ設定があります。

msExchQueryFilter:
msExchQueryFilter OPATHフィルタを保持します。 OPATHは、Powershellで使用されるフィルタリング構文の基礎です。

msExchDynamicDLFilter:
msExchDynamicDLFilter msExchQueryFilter属性で利用可能なLDAPフィルタを保持します

要件に一致するようにフィルタを変更する場合は、ADSI Editを使用してAD属性を編集し、新しいフィルタを適用

1. コンピュータからADSI Editにアクセスし、既定の名前付けコンテキストに接続します。 フィギュア2

clip_image002

図2. Active Directoryへの接続-デフォルトの名前付けコンテキスト

2. 事前に動的DLを作成し、adsieditを参照して作成し、右クリックしてプロパティである動的DLにします

clip_image002

3. MsExchangeQueryfilterに以下のOPATHフィルタをコピーして貼り付け、サーバー名をメールボックスservrnameに置き換えます。clusterdの場合は、CMS名

(((RecipientType-eq’UserMailbox’))-and(-not(Name-like’SystemMailbox{*’))-and(-not(Name-like’CAS_{*’)-and(ServerName-eq’Servername))-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername)-and(ServerName-eq’Servername’)))

4. これで、フィルタの設定が完了しました。 このフィルターが適用されているかどうかを確認したい場合は、以下のPowershellコマンドレットを使用できます。 Dymamicdlを作業したDLの名前に置き換えると、特定のサーバーに属するすべてのユーザーの名前の結果が得られます。

$DynamicDL=Get-DynamicDistributionGroup-Identity”DynamicDL”

Get-Recipient-RecipientPreviewFilter$DynamicDL.RecipientFilter/select name,servername

メンテナンスなどがあるときに、特定のサーバー上の特定のユーザーに通信を送信したい場合は、この要件を取得できます。 先に述べたように、ユーザーをリストに動的に追加するための要件に基づいて同様のフィルタを使用できます。 技術的には、任意のPowershellフィルターを動的DL

に取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。