私のフロリダの小企業のための機密保持契約は重要であるか。 (それは強制力がありますか?)

あなたの会社のIP(知的財産)を保護することは小企業所有者のための困難な法的挑戦である場合もあるベテランのフロリダの小企業の代理人は助

この状態でビジネスを所有している場合、従業員、潜在的な投資家、およびあなたが働く他の人に秘密保持契約に署名させる必要があるかもしれません。

フロリダでは秘密保持契約は合法ですか? 秘密保持契約に含めることができるものと含めることができないものは何ですか? どのようにビジネス弁護士を助けることができますか? あなたはこれらの質問への答えとフロリダ州の秘密保持契約についての詳細を学ぶことを約あるので、読み続けてください。

あなたの最も貴重なビジネス資産は何ですか?

ビジネスオーナーとして、あなたのIPはあなたの会社の最も貴重な資産かもしれません。 いくつかの状況では、従業員、請負業者、投資家、または他の会社にその知的財産へのアクセスを提供する必要があります。 フロリダ州の多くの企業は、IPを保護するために非開示契約を使用しています。

一般的な意味では、会社の知的財産を共有し、相手がそれを盗んだり、同意なしに共有したりしたくない場合は、秘密保持契約に署名する必要がありま

秘密保持契約はいつ適切ですか?

従業員が会社の知的財産にアクセスする場合、その人が雇用されたとき、またはその人がIPへのアクセスを必要とする役職に昇進したときに、秘密

あなたはあなたのビジネスにかなりの時間、お金、そして仕事を入れてきました。 あなたの企業秘密、ビジネス契約、独自のプロセス、およびクライアントリストは、ビジネスを開始し、あなたと競争するためにあなた自身の知的財産

フロリダ州のビジネス弁護士は、あなたの正確なビジネスニーズを満たす秘密保持契約を起草することができます。 オンラインで利用可能な空白のフォームのいずれかをダウンロードしないでください–この状態では強制力がない可能性があり、会社固有の特定のニーズ

パートナーと投資家は秘密保持契約に署名する必要がありますか?

あなたのビジネスが投資家または新しいパートナーを取る場合、おそらくあなたの会社の機密情報の多くまたはすべてを開示する必要があります。 将来の投資家またはパートナーに秘密保持契約に署名させることは、その情報を保護します。

フロリダ中小企業

あなたはスタートアップのための投資家を求めている場合は、ほとんどのベンチャーキャピタルの投資家が秘密保持契約に署名しないことを知っておく必要があります。

将来の買い手は秘密保持契約に署名する必要がありますか?

将来、買収または買収のオファーを検討する場合は、将来の購入者に財務および運用の詳細をすべて開示する必要があります。 取引が確定する前に将来の買い手が後退した場合には、秘密保持契約が必要になります。

大企業は、買い手が機密情報を公開する前に取引をフォロースルーする能力を保証するブローカーと協力することにより、買収または買収を手配することができますが、中小企業はブローカーの手数料を支払うことを望まない可能性があり、保護が必要になります。

上記の状況は、必ずしもあなたの会社の知的財産を共有しなければならない唯一の状況ではありません。 時間の経過とともに、サプライヤー、製造業者、および請負業者は、いくつかの理由で機密情報の一部またはすべてにアクセスする必要がある場合があ

秘密保持契約は正確に何を提供する必要がありますか?

強力で強制力のある秘密保持契約には、これらの四つの条項が必要です。 それはする必要があります:

  1. 開示されていない可能性のある機密情報を定義する:フロリダ州の裁判所は、おそらく漠然とした、広く定義された非開示規定を強制しません。 知的財産の範囲を明確かつ正確に定義することは、契約をより強制力のあるものにします。
  2. 契約の時間制限を指定する:時間制限が指定されていない限り、裁判所は秘密保持契約を適切と考えることはめったにありません。 契約のための合理的な時間の長さは、あなたの会社の独自の状況に依存します。
  3. IPを破棄または返却する義務を明記する:知的財産の原本またはコピーを破棄または返却する場合、秘密保持契約はそのプロセスを明記する必要があ 知的財産を返すか、破壊することへの漠然とした言及は十分ではありません。
  4. 本契約の違反に対する救済策を記述する:違反に対する救済策は、非違反当事者が被った損害に比例して直接的に記述されるべきである。 過度に厳しい救済措置は法的強制力がない場合があります。

秘密保持契約には何が必要ですか?

また、一般的な意味では、秘密保持契約は貿易上の拘束であることを理解することも重要です。 フロリダ州の裁判所は、契約が適切に狭い、厳格な法的用語と定義で起草されている場合にのみ、秘密保持契約を強制します。

Small Business Agreement

あなたの会社の知的財産のいずれかを共有するときは、常に秘密保持契約に署名しています。 中小企業の弁護士は、フロリダ州の法的要件を満たす秘密保持契約を起草することができ、フロリダ州の裁判所は、必要に応じて、強制します。

あなたがビジネスオーナーであり、まだそうしていない場合は、どのような知的財産を保護する必要があり、この情報があなたの業務にどのような価値をもたらすかを判断するために、ビジネスのインベントリを取ることをお勧めします。

知的財産権者の法的権利とは何ですか?

知的財産権の所有者に法律によって提供される保護は、企業に商業的および経済的利益を提供するように設計されているため、企業所有者はこれらの法的保護を利用する必要があります。

あなたの知的財産が開示されたり盗まれたりした場合、あなたは秘密保持契約に違反した者に対して法的措置を講じる権利を有します。 契約違反がある場合、契約自体は、裁判所が公正な決議を決定するためのガイドとして機能します。

秘密保持契約の両当事者が信頼を築いた場合でも、秘密保持契約は、契約によって指定された義務が履行されるか、または救済が課されることを保証

秘密保持契約はいつ執行不能ですか?

フロリダ州の裁判所は、秘密保持契約のテキストの最も合理的で明白な意味を考慮する。 言語が曖昧または曖昧である場合、裁判所は契約が執行不能であると判断することができます。

経験豊富なフロリダの中小企業の弁護士は、あなたのビジネスのために右であり、また、非開示契約が違反された場合にあなたのビジネスを表すこ

あなたがビジネスオーナーであり、信頼できるビジネス弁護士と緊密に協力していない場合は、待ってはいけません。 知的財産が必要とする包括的な法的保護を持っていない場合は、経験豊富なビジネス弁護士に相談して、必要な保護を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。