古代日本,出雲

大国主命

大国主命とスサノオの娘であるスセリビメ

スサノオの娘に恋をした神の物語:出雲の地を支配するための試練に合格した大国主命。..

かつて大穴牟遅命と呼ばれていた大国主という神がいました。 これが大国主の名を得た経緯である。 オアナムチは、彼の兄弟によって何度も危険にさらされました。 このため、オオアナムチは木の国、オヤビコと呼ばれる誰かの宮殿に逃げましたが、そこでも彼の兄弟が彼を追いかけてきました。
“スサノオのいる根の国に行ってください。”

大穴牟遅は死の地に走り、スサノオの娘であるスセリヒメに会った。 大穴牟遅とスセリヒメの目が出会うと、彼らはお互いのために落ち始めました。 スセリヒメは大穴牟遅に父スサノオに会わせた。
“そんな立派な人が訪ねてきました。”

蛇の部屋

スサノオは大穴口をテストすることにしました。 まず、スサノオは蛇の部屋で寝させました。 この部屋では、ヘビがOanamuchiを噛む危機に瀕して、周りに群がった。 彼を心配したスセリヒメは行って肩からショールを渡し、
“蛇があなたを噛もうとしているように見える場合は、このレンタルショールを三回振ってください。”

オアナムチが言われたようにしたとき、ヘビは動きを止め、彼を噛まなかった。
だから、大穴口は蛇の部屋を無傷で残すことができた。

次に、スサノオはオオアナムチにムカデとスズメバチの部屋に行かせた。 彼を攻撃する危機に瀕してそこに多くのムカデやスズメバチがいました。 スセリヒメは肩に持っていたもう一つのショールを取り、それを彼に渡して言った:
“ムカデとスズメバチがあなたを攻撃し始めたら、この雇うショールを取り、三回振る。”
彼が言われたようにしたとき、ムカデとスズメバチは静かになり、彼を攻撃しませんでした。 したがって、オアナムチはムカデとスズメバチの部屋を無傷で残すことができました。

ムカデと蜂の部屋

その後、スサノオは大穴口を大きな畑に連れて行った。 スサノオは賑やかな矢を撃ち、彼にそれを見つけるように命じました。 大穴牟遅が畑に入ろうとしていたとき、スサノオは彼らを火につけ、平野を大きな炎で囲んだ。 大穴口はすぐに炎によってすべての側面に囲まれていました。
それから一匹のマウスが出てきて、
“中は大きくて広い、外は小さくて小さい。「(彼は地面に穴の話をしていた)
「そうか、それは私がやるべきことだ。”
オアナムチは地面を踏んで、彼が落ちた隠れた穴を開いた。.

オオアナムチは意外にも緩んでいないが、多くのムカデ

火が通り、彼は救われた。 しばらくすると、マウスは賑やかな矢印を検索するために行って、彼にそれを持ってきました。 しかし、不思議なことに、矢印の羽はなくなっていた。 赤ちゃんのマウスはそれらを食べていた。

矢が返された後、スサノオはオオナムチを自宅に連れ戻し、一緒に巨大な部屋に入ったときに別の命令を下した。
“私の髪からシラミを取ってください。”
オオナムチは言われた通りにして、スサノオの頭を覗いた。 そうすることで、彼はシラミではなく、代わりに多くのムカデを発見しました。

スセリヒメはムクの木と赤い大地から果物を持ってきて、オオアナムチに渡した。 彼女はそれから彼の耳にささやいた:
「この果実を噛んで、あなたの口の中に赤い土を持って、それらを一緒に吐き出してください。 私の父はあなたがそれらを一つずつ噛むことによってムカデを取り除いていると思うべきです。”

オオアナムチはスサノオの長い髪を部屋の木に縛った

スセリヒメが言ったようだった。 スサノオは”ムカデを噛んで吐き出す方法は、なんと魅力的な仲間です!”そして、安心して感じ、彼は眠りに落ちた。

“今がチャンスだ、一緒に逃げよう!”

オオナムチはスサノオの長い髪を部屋の周りの木の梁に結び、巨大な岩で家のドアを塞いだ。

その後、スサノオの剣、弓矢、琴を盗み、スセリヒメを背中に乗せて逃げた。
彼が走っていると、琴は木をブラッシングし、地面を揺らして反響させた。
スサノオは目を覚まし、立ち上がって部屋の枠を引きずり下ろした。

大国主命となったオオアナムチは、兄弟を追い払って国を作った

スサノオが髪を梁から外している間、二人は遠く離れて走った。
スサノオは彼らを四物平坂(この世と異世界の境界)まで追いかけたが、彼らははるかに逃げていた。 スサノオは彼らの後に叫んだ:

“剣を使って、矢&弓を使って兄弟を追い払う。 その後、大国主の名を取って、スセリヒメと一緒に富士山の底に行きます。 Ukaと空に到達するのに十分な高さの厚い柱で、生きるために宮殿を構築します。”

言われたように、大国主命となった大穴牟遅は、気立ての悪い兄弟たちを追い払い、新しい土地を作ったことが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。