クイックヒント-Vmware-Iso builder for PackerがESXiでサポートされるようになりました7.0

今年の初めにvSphere7.0がリリースされたとき、リリースノートを読んでいる間に気づいた変更の1つは、ESXi上のVNCサーバーの削除でした。 デフォルトでは、これは無効になっていますが、ユーザーはVMごとに有効にし、VNCを使用して特定のVMに接続できます。 多くの顧客がこの機能を使用しておらず、なぜ削除されたのかは理にかなっていました。

ただし、Hashicorp Packerとvmware-iso builderを使用してESXiで自動化されたイメージを作成した場合、PackerはこのVNCインターフェイスを使用して自動化の一環としてVMに自動キースト VSphere7.0でこの変更について学んだ後、私は誰かがvsphere HTML5Console SDKを活用してキーストローク機能を再実装するために開いているかどうかを確認するためにパッカー Github Enhanacementを提出し、websocket上でVNCを使用できるようにした。 PRは約一ヶ月前に閉鎖され、最近vCenter Event Broker Appliance(VEBA)プロジェクトに取り組んでいる間、物理ESXiホストを最新の7.0Update1にアップグレードした後、機能を確認する機会

次の2行をパッカーテンプレートに追加する必要があります。

“vnc_over_websocket”:true
“insecure_connection”: true

参考として、VEBA Packerテンプレート

を参照することもできます。vsphere USB scan codes APIを活用したvsphere-iso builderを使用して、VNCインターフェイスに依存せずにVMにキーストロークを送 欠点の1つは、vsphere-iso builderがESXiに直接移動するのではなく、vCenter Server上のvSphere APIと対話するため、vCenter Serverが必要であることです。

vsphere-iso builderに切り替えなかった主な理由は、vmware-iso builderを使用しているパッカーテンプレートがかなりあり、構文が両者の間で移植できなかったことです。 この理由だけで、私は今まで物理ESXiホストを7.0にアップグレードすることを延期することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。